月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

お見合いブログ

お見合いブログ


お見合いについて調べていると、お見合いブログというものをたくさん見つけました。
お見合いについて書かれているサイトは数え切れないほどあるのですが、実際に体験された方が感じたことの方がより参考になるのではないでしょうか。

お見合いをするきっかけとなった出来事から実際のお見合い、デートの経過など、見ていてとてもワクワクしてしまいました。
今でもお見合いをする方は少なくないといいますが、ブログを実際に目にすると本当に多いということを実感させられます。

お見合いでの失敗談などもたくさん見つけました。
何回もお見合いをしている方は、その失敗を次に生かしているようです。
しかしブログを書いた本人だけでなく、ブログを見ている人みんなにとってその体験談は参考になっているのだと思います。
実際に体験したリアリティのある文章だからこそなのです。

お見合いで出会って結婚したという方のブログも本当にたくさん見つけました。
お見合いをして本当に結婚を望んでいる方にとってこの現実はとても励みになると思います。
結婚生活のリアルなブログの中で「この人とお見合いしてよかった」というような言葉もたくさんあります。
このような言葉が一番勇気づけられるのでしょうね。

昔はお見合い結婚なんて当たり前だったけれど今の時代やっぱり恋愛結婚の方が多いですよね。
お見合いしたことのある人が周りにいないと、自分が疑問に思っていることを相談することもできません。
体験者のブログでお見合いについて勉強するというのも今風でいいのではないでしょうか

ザ・ラスト・ウェーブ

ヒューガルデン

接吻 アマゾン
スポンサーサイト
| 2008年12月24日 | 日記 | 編集 |

お見合いのポイント(男性)

お見合いのポイント(男性)


お見合い当日、男性が注意するポイントについて調べてみました。

まずは待ち合わせの場所。
ホテルのロビーなどの場合、目立つ場所で立っていてください。
目立たない場所でこっそり立っている男性を女性が気に入るわけがありません。
目立つ場所で立っていれば女性は男性に視線をそそぐでしょうから、自分から声をかけましょう。
そして最初はお礼から言います。
「はじめまして、○○です。今日はどうもありがとうございます。」
これくらいのお礼がいいと思います。
堅すぎるお礼もあまりよくないようです。

相手側の立会人がいる場合、際どい質問もあるかもしれませんが、必ず丁寧に受け答えしてください。
相手の立会人を味方に付ければ、立会人が縁談をいい方向に持っていってくれるかもしれません。

待ち合わせの場所から移動するときには、何気ない会話で結構ですので話をすることを心がけてください。
季節の話題程度でいいですので、無言で歩くのだけはやめましょう。
会話はすればするほど相手との距離が縮まります。

会話についてタブーなことがいくつかあります。
どうしてお見合いしているのか。
お見合いは何回目なのか。
どうして自分とお見合いしたのか。
自分はモテないわけじゃないんです。

お見合いの動機なんて聞くものじゃないですし、失礼なだけです。
モテるかどうかなども自分から言うことではなく相手が感じることですから、わざわざ初対面の相手に言う言葉ではありません。

これらのポイントに気をつけてがんばってください。

キラーカーズ

ザ・ラスト・ウェーブ

ヒューガルデン
| 2008年12月17日 | 日記 | 編集 |

障害者のお見合い

障害者のお見合い


障害者の結婚というとあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。
しかし障害者の方も健常者と同じように結婚して、自分の子孫を残したいと思っていることに変わりありません。
今は障害者のお見合いもあるそうです。
障害者同士はもちろん、理解がある方なら健常者でも登録できる結婚相談所です。

ベトナムの「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんは2006年にめでたくご結婚されました。
お相手の女性は健常者のテュエンさんです。
友人の結婚パーティーで出会ったそうです。
ドクさんは身体障害者の支援活動に積極的に取り組むテュエンさんに惹かれ、テュエンさんは困難に立ち向かって前向きに生きているドクさんに惹かれて結婚を決意したそうです。
しかしもちろんふたりの間には障害がありました。
テュエンさんの両親の反対です。
障害者のドクさんと結婚しても障害を持った子供が生まれてくるんじゃないかという不安があったようです。
失礼かもしれませんが、親ならだれもが心配することでしょう。
しかしドクさんが結婚を許してもらえるまで毎日ご両親に会いに行き、ご両親がドクさんの誠実さに負けて了承したのです。
ドクさんは子供について、「可愛い女の子がいい」と言い、「障害があっても、自分の血を引き継いだ子が欲しい」と重い口を開いて話したようです。

障害者のお見合いは結婚相談所などで行われています。
もしも理解のある方がいらしたら、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

坂本真綾公式ブログ

放射線殺菌

キラーカーズ

| 2008年12月05日 | 日記 | 編集 |
Copyright (C) 気になる話題 ナース美里のウワサ話☆. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。